背景

ABOUT COMPANY

石見食品についてabout iwami foods

石見食品は創業59周年を迎えました。
日本人の代表的な食文化とも言うべき豆腐において
真面目に美味しさを追求し続ける事が使命と考え今日まできました。
これからも豆腐の伝統を守り、また大豆製品の
新しい可能性にも挑戦できる企業を目指します。

社是concept

作ることへの喜びを感じ、
働くことへの生きがいを感じ、
感謝の気持ちを大切にしよう

写真

代表メッセージtop message

石見食品は大豆製品の
総合メーカーを目指し、
皆様に美味しさをお届けします。

石見食品が手掛ける豆腐、油揚げ、厚揚げといった大豆製品は、もともと中国で生まれた食べ物ではありますが、日本の伝統食材として1000年以上親しまれており、私たちの食生活に密着した、無くてはならない食材のひとつです。最近では健康志向の高まりなどから欧米など海外の方も好んで大豆製品を摂るようになりTOFUは世界共通の言葉となってきました。

石見食品は創業以来「毎日食べたくなる」美味しい豆腐づくりを目指し真面目に取り組んできました。これまでの豆腐の伝統を守りつつ、これからの時代の流れに合った新たな切り口も加えながら大豆製品の可能性を引き出し、皆様に提供していきます。

代表取締役社長石田 浩志

会社概要outline

社名 石見食品株式会社
代表者 代表取締役会長 石田 和通人
代表取締役社長 石田 浩志
事業内容 豆腐、油揚げ、厚揚げ,惣菜等の製造販売
設立 1963年7月
資本金 3000万円
売上高 8億4千万円(2020年度)
販路 山陰、山陽、九州、四国など西日本の量販店、食品工場
社員数 61名(平均年齢44歳)

会社の歩みhistory

1963年7月 地元豆腐業者5社の合併により誕生(資本金500万円)
初代社長に石田源四郎が就任
1963年11月 浜田市黒川町にて製造開始
1980年1月 2代目社長に石田和通人が就任
1981年6月 資本金を3000万円に増資    この頃には工場内の製造工程にマイナスイオン水を導入
1987年5月 浜田市河内町に第二工場新築
1989年10月 「食品衛生優良施設」として厚生大臣より表彰を受ける
1993年2月 第三工場(現油揚げ工場)を浜田市下府町(石央物流団地)に新築
中国地方最大級の生産能力を誇るラインを完備
1999年5月 アメリカ オハイオ州にて本格的に遺伝子組み換えでない良質な大豆の契約栽培をスタート
2002年10月 高齢者、女性に優しい取り組みで「快適職場推進事業所」の認定を厚生労働省より受ける
2002年11月 本社工場を浜田市下府町(卸商団地)に新築移転
2004年10月 「食品衛生奨励賞」を島根県労働局より受ける
2009年5月 JA石見銀山管轄内で大豆契約栽培開始(県内産大豆とくに石見の大豆の安定確保)
2013年4月 浜田港に県が低温倉庫新築。石見食品の輸入大豆をメインに保管
2013年7月 3代目社長に石田浩志が就任
2014年4月 絹ごし厚揚げライン刷新(弊社の絹ごし厚揚げは澱粉等入れない昔ながらの厚揚げです)
2015年10月 豆腐ライン加熱殺菌、冷却装置を最新の省エネモデルに更新
2016年 島根県労働局より「女性活躍応援企業」の認定を受ける
2019年6月 豆腐ラインを最新の自動化設備に更新
2019年10月 乾燥おから製造ラインの導入
2021年 新油揚げ工場 卸売団地に新築、移転
写真
写真

アクセスaccess

本社豆腐工場

〒697-0006
島根県浜田市下府町388-60
TEL.0855-28-1211
FAX.0855-28-3330

JRの場合

山陰本線下府駅を出て、有福温泉方面へ徒歩10分。浜田卸商団地内にあります。
※停車本数が限られる為ご注意下さい。

自動車の場合

浜田道浜田インターチェンジから松江方面へ約2km。
※駐車場有

油揚げ工場

〒697-0006
島根県浜田市下府町388-55